ノエル・ギャラガー、オアシス時代に使用した大量の機材をReverbで売却

2017年11月13日

この記事の所要時間: 358

 

こんにちは。ギター弾きの前田です。先ほど、ツイッターを見ていたら気になるツイートを発見しました。

レコーディングやツアーのキャリアにおける様々なところで使用された、ノエル・ギャラガーの機材が売りに出されるみたいですよ。

 

 

ノエル・ギャラガー、楽器や機材をネットで売却より引用

 

 

ノエル・ギャラガーが所有している楽器や機材を売却

 

来週、楽器専門マーケットプライスReverbで、ノエル・ギャラガーが所有している楽器や機材が売りに出されるそうです。10月2日、Reverbのサイトに登場するようですよ。

ノエル・ギャラガーは、現代のビートルズとも称され、近年の英国を代表するロックバンド「Oasis」の元ギタリストです。 CDのトータルセールスは5,000万枚を超えています。

昔、オアシスをすごく聴いていた時期があります。90年代中期にブリットポップ・ムーブメントの中心的バンドでした。モーニング・グローリー収録のワンダーウォールとか何回聴いたか分かりません。懐かしい。

 

 

 

いや〜、ワンダーウォールは本当に名曲です。イギリスのポップス界で最も愛されるアイコニックな楽曲ですよ。

今回、オアシス時代に使っていた50点以上の品々をオンラインで販売するそうですが、60年代のEpiphone Professionalギターやオレンジの「アンプ導師」であるエイドリアン・エムスリーが、ノエル・ギャラガーのために作った「Orange Custom Shop NG140」などが含まれているそうです。

オアシス初期のノエル・ギャラガーの使用機材を語る上で外せないのは、Epiphoneです。初期の頃はエレキギター、アコースティックギターのほとんどがEpiphoneを使用しています。

 

 

デビューシングル「Supersonic」のジャケット写真では、ノエルが持っているセミアコはEpiphone、その下に立ててある、レスポール・スタンダードもEpiphoneです。

バンド初期の頃は経済的な理由から、Gibsonの音に近いEpiphoneを使用しており、バンドが成功するにつれて、徐々にGibsonを使い始めという経緯があります。

ノエル曰く、「俺くらい長くプレイしていると、ギアを山のように溜め込みがちだ。そのまま放っておいても、俺にとっても誰にとってもいいことはない。これらのアイテムにはたくさんの歴史がある。でもまだ、十分演奏可能な状態だ。大いに活用してくれる人々の手に渡って欲しい」とコメントしているようですね。

Reverbで、価格はまだ表示されていませんが、かなりの高値がつくんだろうな〜。欲しいけど、私には無理ですね(涙)

すでにReverbのサイトで売りに出される機材を閲覧する事ができますよ⬇︎

Noel Gallagher Gear Collection Coming to Reverb | Reverb News

久しぶりにオアシスを聴いてみようかな。では、また!!

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

グルメ食べ歩きのブログもやっています。

http://maeda-gourmet.jp

同じくバンドマンが投資する株と仮想通貨 億万長者への道というブログもやっています。こちらも是非、ご覧下さい!!

http://made-guitar.jp