入金ボーナスMAX50万円!!
口座開設ボーナス20,000円!!

国内FXと海外FXの最大レバレッジの違いを理解してトレードに役立てよう!!

この記事の所要時間: 56

神の手

 

『ハイレバこそ海外FXの魅力!!』

皆さん、こんにちは。
FXパフュプリムソルジャーの前田さんです。

ご存知の通り、国内FX業者のレバレッジは規制によって最大25倍と定められています。

しかし!!

海外FX業者に目を向ければ、最大200倍~2000倍(!!)のレバレッジをかけて取引することが可能なのです。

この驚異のレバレッジを味方につけて戦っていきましょう。

では、仮に1万通貨の取引だと、レバレッジによって必要証拠金がいくらで済むのでしょうか!?

 

1万通貨に必要な証拠金を比較

 

レバレッジの違いによって、1万通貨のポジションを持つ時に必要な証拠金はどれほどまでに変わるのでしょうか。

では、比較してみましょう。

【ドル円(110円と仮定)の場合】

  • 25倍だと44,000円
  • 50倍だと22,000円
  • 200倍だと5,500円
  • 400倍だと2,750円
  • 800倍だと1,375円
  • 2000倍だと550円

いかがでしょうか!?

レバレッジが上がる事に必要証拠金が、どんどん少なっていきますね。
資金効率がとても良いという事が、お分かり頂けると思います。

国内FX業者(レバレッジ25倍)では、ドル円を1万通貨取引するのに、フルレバレッジでも44,000円もの証拠金が必要となってしまいます。

これが海外FX業者でレバレッジが800倍の業者を利用すれば、たった1,375円で1万通貨の取引が可能なのです。

大金を用意する必要がありません。

また、ゼロカットシステム(追証なし)を採用している業者であれば、急な為替変動によって追証が発生する事もないので安心です。

自分の口座内にある資金以上に損失を出す事がないのです。

また、仮に国内FX業者で50,000円で取引を開始したとしても、1万通貨しかポジションが取れなければ、1円(100pips)の値幅を抜いて、やっと10,000円の利益です。

もちろん運用資金が100万円、1000万円と大金が用意できる方であれば、国内FXでも大きなポジションでトレード可能ですが、5万円程度の資金では、国内FXでの取引は物足りないというのが正直なところでしょう。

しかし、400倍以上のレバレッジが効かせられれば、5万円程度の少額取引でも満足なポジションを持つことができます。

400倍のレバレッジだと、ドル円で1万通貨のポジションを取るのに必要な証拠金は2,400円程度です。

証拠金維持率を加味しても、余裕のあるポジションを持つことができます。

 

ポジションを大きく持つ事ができる

 

また、5万円の資金があれば、1万通貨とは言わずにもっと大きなポジションを持つことができます。

レバレッジ400倍の海外FX口座で、10万通貨(レバレッジ200倍)のポジションを持った時の証拠金維持率は200%です。

海外FX業者のロスカット水準は証拠金維持率の0%~50%程度なので、10万通貨のポジションを持っても強制ロスカットまで、かなりの余裕があります。

ちなみに、レバレッジ400倍のポジションだと20万通貨持つことが可能です。

その場合だと、10,000円の利益を得るのに必要なpips数は5pipsです。
もちろん、10,000円の損失が出るのも5pipsです。

10,000円の利益が出るのも、損失が出るのもわずかなpips数なので、この場合だと勝負は一瞬で決まります。

国内FXよりもスピーディーな展開となるので、スキャルピング専門の方には、かなり大きなメリットとなるでしょう。

 

複数の大きなポジションをもてる

 

状況次第では、複数のポジションを持つことが有効になり得る事もあります。

例えば、ヘッジ(両建て)でポジションを持てば、相場が逆行した時のリスクを抑えられます。

国内FXでは、取引資金が10万円あっても、1万通貨のポジションを最大で2つしか持てません。

3つめのポジションを持つためには、それぞれのポジションサイズを小さくするか、追加入金するしかありません。

FX取引の手法の1つに「ヘッジでポジションを保持しながら、別の通貨ペアでチャンスを伺う」というものがあります。

国内FXだと、ヘッジのポジションとチャンスが訪れた通貨ペアのポジションのどちらかを小さくしなければいけないので、取引効率が悪くなります。

数万円の資金なら、国内FXはある程度まとまった1つのポジションで取引するのが関の山でしょう。

一方で、必要証拠金が少ない海外FXなら、10万円で1万通貨のポジションを20も持つことができます。

複数の大きなポジションを持てるので、異なる通貨ペアを組み合わせた取引戦略を立てることが可能です。

 

まとめ

 

くつろぐ女性

 

いかがだったでしょうか。

資金効率の点から、国内FXよりも海外FXの方が優れています。

しかし、少ない証拠金で多くのポジションを持って取引するのは、強制ロスカットまでの値幅が小さくなるためリスクも大きくなります。

必ずしも海外FX業者を取引するからといって、ハイレバレッジで取引する必要もないので、あくまで自分のやりやすいレバレッジで取引することを心がけていきましょう。

レバレッジ888倍、かつゼロカットシステムがある海外FX業者のXMTradingをご存知でしょうか。

口座開設で3,000円をゲットでき、入金ボーナスも最大50万円分あるのでオススメです!!

まだ口座を保有していない方は、公式HPより口座開設の手続きをどうぞ!!

皆さんのご武運を祈ります。

 

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?