GEMFOREX 史上初、唯一の8階級制覇世界チャンピオンであるマニーパッキャオをブランドアドバイザーに迎え、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得し、豪華なボーナスでも知られる海外FX業者GEMFOREX(ゲムフォレックス)。最新のキャンペーン情報は下記公式サイトよりチェックして下さい!!

海外FXの確定申告に関して解説

この記事を読むのにかかる時間: < 1

確定申告

 

今、世間は確定申告の時期ですね。

海外FXを主戦場にしているトレーダーも一定の利益を出したら、税務署に確定申告をしなければなりません。

この記事では、確定申告に関して詳しく説明します。

まずは、ポイントをまとめてみましょう。

  • 給与所得者(サラリーマンやアルバイト)は年間20万円以上、非給与所得者(自営業、専業主婦、ニート)は年間38万円以上の利益が発生した場合に確定申告が必要。
  • 海外FXの税金の種類(科目)は総合課税の雑所得になる。
  • 海外FXの税率は累進課税となっており15%~55%。(住民税10%含む)
  • 国内FXと海外FXの損益合算は不可。
  • 海外FXの損失繰り越しは不可。国内FXは3年間繰り越し可能。

ちゃんと確定申告をしておかないと、後で面倒な事になってしまうので気をつけましょう。

脱税は必ずバレますよ。

 

確定申告をする必要があるトレーダー

 

以下の条件に当てはまる方は確定申告の必要があります。

  • 雇われている人で、海外FXの利益が年間20万円以上の場合(サラリーマンやアルバイトなど)
  • 雇われていない人で、海外FXの利益が年間38万円以上の場合(自営業や専業主婦など)

課税対象になるのは出金時ではなく、利益が出た(利確した)時点になるので注意しましょう。

サラリーマンの方で、会社に利益が出ている事をバレたくない方は、確定申告書の記入欄にて「普通徴収」を選択すれば大丈夫です。

海外FXで発生した利益は雑所得に分類され、累進課税方式となっています。

以下、海外FXの利益に対して「課税される所得金額」と「所得税+住民税」です。

 

課税される所得金額 所得税+住民税
〜195万円以下 5% +10%
195万円超〜330万円以下 10% +10%
330万円超〜695万円以下 20% +10%
695万円超〜900万円以下 23% +10%
900万円超〜1800万円以下 33% +10%
1800万円超〜4000万円以下 40% +10%
4000万円超〜 45% +10%

 

海外FXで4000万円以上の利益が発生すると合計55%もの税金がかかるんですね。

億トレーダーは、毎年ものすごい税金を払っている事が分かります。

ちなみに年収400万円の方が海外FXトレードで年間300万年の利益を発生させたとしましょう。

勘違いされる方が多いのですが、上記表にある「695万円超〜900万円以下、23% +10%」を見て、合計700万(年収400万、海外FX収益300万)の33%でそのまま計算する訳ではありません。

正しい計算方法ですが、

  • ~195万円     195万円×15%=29万2500円
  • 195万円~330万円 135万円×20%=27万円
  • 330万円~695万円 365万円×30%=109.5万円
  • 695万円~700万円 5万円×33%=1万6500円

合計で167万4千円という計算になります。

段階的に計算していくんですね。

ちなみに海外FXの税金は、今回の例で言うと7分の3に当たるので71万7428円になるというわけです。

 

確定申告で申請する経費に関して

 

確定申告する際に、利益からFXで利益を上げるために使った金額を経費として差し引いて、その分税金を安くする事ができます。

主に以下のようなものがあります。

  • パソコンの本体代
  • スマホの本体代
  • スマホ、パソコンの通信費
  • FXの参考書代
  • FXのセミナー代
  • FXのセミナー参加費とセミナー会場までの交通費

これらのレシートや領収書などは、しっかりと保管しておきましょう。

 

控除に関して

 

主な控除としては以下のものが挙げられます。

  • 基礎控除(誰でも38万円) ※基礎控除に関しては、2020年分から所得に応じて0円~48万円に変更となります。
  • 社会保険料控除(国民健康保険料や社会保険料)
  • 配偶者控除、配偶者特別控除(年齢や収入によって1万円~48万円)
  • 扶養控除(1人あたり38万円~63万円)
  • 生命保険料控除(上限12万円)
  • 地震保険料控除(上限5万円)
  • 医療費控除(その年に支払った医療費が10万円を超えた分で上限200万円)

これらの控除があると税金もかなり変わってくるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

海外FXは損益通算不可

 

国内FXでは3年間の損益通算ができるというメリットがあります。

しかし、海外FXでは損益通算不可のため、その年その年で税金を納めるという事になります。

例えば、国内FXの場合だと前の年に100万円損失額が発生し、次の年に50万円の利益が発生すると、合計してマイナス50万円の損失となるため、課税対象にはなりません。

海外FXはというと、損益通算(繰越控除)ができないため、前の年に100万円損失が発生していても、次の年に50万円の利益が発生していたら課税対象となるので、国内FXと比べて不利になります。

 

年間利益420万円以下の場合は、海外FXの方が税金が安い

 

損益通算という点では国内FXにメリットがあります。

ただ海外FXにもメリットがあり、420万円以下の利益であれば海外FXの方が納める税金を安くなります。

注意点として、あくまで「必要経費」を計算していない場合の利益です。

例えば、500万円の利益があった場合だと、80万円以上の必要経費があれば420万円以下の利益となるので、海外FXの方が税金は安くなるというわけです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてしまえばどうという事はありません。

FXトレーダーで利益をあげている人は、避けては通れない道なので、しっかりと確定申告の準備をしておきましょう。

 

日常, 経済

Posted by maeda