口座開設・入金ボーナス多数あり!!
口座開設ボーナス20,000円!!

ベネズエラでクーデター。原油も上がりトルコリラにとって向かい風!?

この記事の所要時間: 324

ベネズエラの国旗と街並み

 

『トルコに大きく関係する出来事がベネズエラで起きています。』

皆さん、こんにちは。
FXトルコリラソルジャーの前田さんです。

政情不安が続く南米ベネズエラで、グアイド国会議長がマドゥロ独裁政権に対してクーデターを呼びかけ、暴動を起したのです。

ただ軍はクーデターに同調しなかった為、今回はグアイド国会議長の空振りになったようです。

 

 

ベネズエラでは、独裁色を強めるマドゥロ氏(56)と、暫定大統領就任を宣言した反マドゥロ派のグアイド国会議長(35)の2人の「大統領」が存在し、どちらを支持するかで世界が二分されています。

この件ですが、トルコにも大きく関係しています。

 

トルコはアメリカを非難

 

このクーデターを起こそうとしたグアイド国会議長をアメリカは支援しており、米ポンペオ長官はクーデターを支持する表明をしています。

アメリカは反乱を起こしたグアイド国会議長を暫定大統領と認め、このクーデターをけしかけている立場というわけです。

エルドアン大統領は、度々こう述べています。

「選挙で選ばれた大統領(マドゥロ氏)を、外国政府が介入して権力から引きずり下ろすべきではない」

トルコでは2016年7月、クーデター未遂事件が起きています。

 

www.youtube.com

 

軍の一部が蜂起し、エルドアン大統領を権力の座から追い落とそうとしたのです。

以来、エルドアン大統領は「あらゆるクーデターに反対する」と繰り返し述べており、現在のトルコ外交の原則となっています。

まとめると、大統領は選挙によって決めるもので、クーデターは許されないとアメリカを非難しているわけです。

アメリカがグアイド国会議長を暫定大統領と認めた事に対しても、反対する姿勢を示しています。

 

2016年7月、トルコのクーデターにアメリカ関与疑惑 

 

その2016年7月にトルコで起きたクーデターですが、その主犯とされるギュレン氏はアメリカにかくまわれています。

トルコはギュレン氏の引き渡しを求めていますが、アメリカは応じていません。

クーデターの危機を間一髪で逃れたエルドアン大統領ですが、実はロシアのプーチン大統領がクーデターを察知して、いち早くエルドアン大統領に教えていたという話があります。

思えば、クーデター後、エルドアン大統領とプーチン大統領は急接近しているのが気になりましたが、それが要因かもしれません。

トルコでは歴史的に反米感情が強い為、普段はいがみ合っている与野党も「反米」では結束するんですね(汗)

クーデター未遂事件についても、背後に米国がいたとする陰謀論を信じる人も目立ちます。

そして、今回のベネズエラのクーデターは、エルドアン大統領にとって他人事ではありません。

また同じ事が自分の身に起きるかもしれないのですから。

なので、エルドアン大統領はベネズエラの独裁者マドゥロ氏を支持し、アメリカの内政干渉を非難しているわけです。

それから、このベネズエラの件で、また原油が上げているようです。
原油輸入国であるトルコにとって向かい風となりそうです。

もちろん、トルコリラにとっても、向かい風になりそうです(涙)

 

トルコリラのニュースまとめ

 

私が今までアップしたトルコリラの記事をまとめています。
是非、ご覧ください。

まとめ記事⇨【随時更新】2019年、トルコリラ(TRY/JPY)のニュース記事まとめ【FX・為替】

 

日常, 経済

Posted by maeda