【Fender(フェンダー)】 FAT FINGER GTR NICKEL(ファットフィンガー)購入レビュー!!


この記事の所要時間: 312

 

皆さん、こんにちは。ギター弾きの前田です。今回は、Fender(フェンダー)の FAT FINGER GTR NICKEL(ファットフィンガー)を購入したのでレビューしていきたいと思います。

 

 

リッチーブラックモアはヘッドに重りをつけていた

 

ギタリストなら誰でも知っている元ディープ・パープル、レインボーのギタリスト、リッチー・ブラックモアは、愛用のストラトキャスターのヘッドに重りを付けて、サステインを稼いでいたという話があります。

必要以上に大きく振動してしまうヘッドやネックに、重量を加えて抑制することでサステインが増すという理屈なのだそうです。

 

ファットフィンガーを購入

 

という事で、いつもお世話になっているアマゾンで購入しました。重量は100gで、エレクトリック/アコースティックギター用の商品です。ベース用のファットフィンガーもある様です。

楽器店だと4000円近くしますが、アマゾンだと2700円くらいで購入できます。これ、あるあるなんですが、楽器店で購入する前に一度、アマゾンやサウンドハウスなどをスマホで確認した方がいいです。全然、値段が違う場合があります。

 

 

 

フェンダー感ゴリ押しのルックスですね。

 

 

話は戻って、このファットフィンガーをストラトに取り付けてみました。見た目的には、なかなか玄人感が演出されていると思います。これを付けてると「あいつ、なかなかやるな。。。」なんて思われるのではないでしょうか(笑)

 

 

で、弾いてみた感想ですが、正直、サスティンが変わっているか分かりません。もちろん、ギターの状態や作りなどによっても変わる部分はあると思います。

しかし、明確に違いが分かる部分がありました。

それは、トーンです。明らかに変わります。ローが引き締まってタイトになり、ハイがはっきりとした様な印象を受けます。その反面、音全体にコンプレッションがかかったような感じも何処と無く感じます。いい所は下げて、悪いとこは上げる的な。

ちなみに、レコーディングの時などに音の波形を見ると違うそうですよ。

この音が好きかどうかは個人の好みの問題でしょう。個人的には、つけたままにするか悩み所であります。

また、ファットフィンガーをつける位置によっても変わるため、色々と試してみた方がいいでしょう。

ストラトは改造すると音が変わりやすいギターなので面白いですよね。気にしてる方は買ってみる価値はアリだと思います。

ただ、正直な事を言うと100均でデッカい業務用クリップでも買って装着すれば、案外、効果は同じだったりするんじゃないかと想像してます(汗)

しかし、流石にそれだと見た目の問題もありますし、ここは割り切ってファットフィンガーを購入してみてはどうでしょうか。世の中そんなものでしょう。

では、また!!

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

グルメ食べ歩きのブログもやっています。

http://maeda-gourmet.jp

同じくバンドマンが投資する株と仮想通貨 億万長者への道というブログもやっています。こちらも是非、ご覧下さい!!

http://made-guitar.jp

機材

Posted by maeda